このブログを検索

2013年2月2日土曜日

家守-埴生の宿-/歌野 晶午

家守-埴生の宿-/歌野 晶午






なんか騙されているような、
騙しているような、
なんとも言えない話です。

途中で、睡眠薬を使ったって言う表現が出てきますが、
これって必要?
って思いました。

たぶん、
後の方に書いたらフェアじゃないとでも思ったのかもしれませんが、
短編ですからね。

ここに書いておかなくてもいいような気もします。

そのへんから、
どうもおかしいいなって思い出しましたからね。

後半もなんか最もな話でした。










0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー