このブログを検索

2013年1月13日日曜日

鳥少年-坩堝-/皆川博子


鳥少年-坩堝-/皆川博子


新婚旅行中にバッグの中から銅鏡がでてくる。

その前に多少の伏線があるから、
読者が驚くことはないけど、
どうして、そうなったのかが不思議に思えるだろう。

短編なので、
それらしい解釈もないまま終わってしまって、
怖さだけが残る。

短編にしては、
結構細かく書かれていて、
途中まではどんな話かわからなかった。

タイトルの「坩堝」が不思議だったけど、
もともと鋳る壺という意味があるとか。










0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー