このブログを検索

2013年1月10日木曜日

鳥少年-卵-/皆川博子

鳥少年-卵-/皆川博子




殺人は狂気のなかで起こるものだと改めて思えるような短編です。

ただ、この作家特有の表現で
多少、わかりにくい部分が有ります。

それに、旅芸人の一座が舞台になってます(文字通り舞台です)が、
そういう設定にしなければいけない理由がとくにわかりませんでした。

どこにでも有りそうな出来事だと思うんですけど、
読者には、特に私のような鈍感な読者にはわからない作者の意図があるんでしょうね。








0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー