このブログを検索

2013年1月31日木曜日

家守-家守-/歌野 晶午

家守-家守-/歌野 晶午






なんと、
短編ながら、密室殺人です。

でも、まさか、
こういうトリックじゃないよな、
って、
思いながら読み進めていくと、
なんと、おもっているようなトリックでした。

まあ、
小説としては面白かったです。

探偵役の刑事も、
癖があって面白かった。

多少、ホラーチックなおわり方も好きです。

タイトルの意味は、
わかったようなわからないような。

確かに家を守らなければ秘密がバレてしまうけど、
それだけの意味でもないような・・・。










0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー