このブログを検索

2013年1月12日土曜日

鳥少年-ゆびきり-/皆川博子


鳥少年-ゆびきり-/皆川博子



「針千本のます」のあれであろうと思って
読み始めたら
冒頭から難解な文章で閉口した。

こういうのが好きな人にはたまらないんだろうけどね。

終始そのままの文章なのかと思っていたら、
最後にどうしてゆびきりなのかをわからせるような仕掛けがあったのだが、
これも、どのようにでも解釈できるようなきがする。

作者の意図なんだろうけど、どうかな。

短編だしこういう書き方になって当然なのかな。










0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー