このブログを検索

2013年1月10日木曜日

鳥少年-火焔樹の下で-/皆川博子

鳥少年-火焔樹の下で-/皆川博子



精神病院の中で起こった犯罪を扱ったミステリーってところでしょうか。


ほとんどが葉書や手紙なんかの書簡で、
人物の心理描写を表現する巧みさには感心します。

短編ですから、
あまりゴチャゴチャと書かれていないのは、当然と言えば当然ですが、
その分、読破するだけの力量がないと辛いかもしれません。

終わり方も唐突で、
これで終わり?って感じです。

でも、面白かった映画は続編が見たいように、
この小説も、この続きが読みたくなりました。

ちなみに、
タイトルの「火焔樹」は、その精神病院に植えてあったものという事なのでしょうかね?
それとも、人それぞれもっているであろう火焔のような想いを例えたのでしょうか?
まあ、
タイトルだけでは、この小説の内容を表すのは難しそうです。








0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー