このブログを検索

2012年11月6日火曜日

悪魔の紋章/江戸川乱歩


悪魔の紋章/江戸川乱歩


特異な指紋「三重渦状紋」が物語の全体の謎を深めていて、
推理小説というよりはまさに探偵小説って感じで楽しめます。

というのも、
かなり前の方で、あれ?犯人ってこの人じゃない?
って、思えるところがあって、
そこからは、
推理しながらっていうよりも、
どきどきわくわくしながら、面白く読めるからです。

途中、出版社の都合でもあって枚数を稼ぎたいのか?って思うほど、
中だるみする部分があって、
ちょっと残念です。

ただ、最後の明智小五郎の推理は、明快で見事でした。
これだけでも、
一読の価値ありかも。

まだ、乱歩をあまり読んだことがない人にとっては、
最高の一冊になると思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー