このブログを検索

2012年9月11日火曜日

ボーン・マン (文春文庫)/ジョージ・C. チェスブロ


ボーン・マン (文春文庫)/ジョージ・C. チェスブロ


記憶喪失の男が「ボーン」と呼ばれてホームレスたちといっしょに生活している。ありがちな設定だが、やはり、「ボーン」はいったい誰なのだろう。と、つい読んでしまう。後半部分の地下の部分は面白い。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー