このブログを検索

2012年9月8日土曜日

運命の町 (扶桑社ミステリー)/ジョン ソール

運命の町 (扶桑社ミステリー)/ジョン ソール

母親と暮らしていた少女が母親の急死により、父親のもとに引き取られる、 いかにもこの作家らしい始まり方です。 でも、前半部分は、淡々と話が進んでいって、だれも死にません。 ある意味期待はずれです。 結局は、動物を操りひとを殺すような話なんですが、 期待させる割にはあまり盛り上がりません。最後にちょっとだけニヤリとできるかなって、感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー