このブログを検索

2012年9月5日水曜日

ユリ迷宮 (講談社文庫)/二階堂 黎人

ユリ迷宮 (講談社文庫)/二階堂 黎人


ー劇薬ー
途中から読むのが苦痛になった。こいうの、好きな人はたまらないんだろうけど、ちょっとね。


ー密室のユリー
途中で、あれれ?この人がそうなのかって場面があった。しかも、密室はあってないようなもんだし。

ーロシア館の謎ー
大胆なトリックにはびっくりだけど、なんか探偵さんの自慢話きかれてるみたいだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー