このブログを検索

2012年9月7日金曜日

冷血 (新潮文庫)/トルーマン カポーティ


冷血 (新潮文庫)/トルーマン カポーティ

実際にあった殺人事件を描いている ノンフィクションだそうですが、 どうも、想像でかかれた部分も多々ありそうで、 また、翻訳のせいか、多少文章が軽いところが見受けられます。 まあ、それでも。ぐいぐい引き込まれてしまいます。 ただ、 日本人にはわかりにくい登場人物の名前の表現があって、 誰のことを書いているのか分からなくなることがありました。 その点、少し読みづらいかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー