このブログを検索

2012年9月7日金曜日

時計館の殺人 (講談社文庫)/綾辻 行人


時計館の殺人 (講談社文庫)/綾辻 行人

トリックも、犯人もその動機も、意外性がありません。 しかも、長編で、人が死にすぎです。 でも、面白くて、一気に読んじゃいました。 あと、本文とは全然関係ないけど、 文中に『ジョン・ソール』の名前が出てきて、ちょっと感動でした。 この作家もホラー好きなんだな。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー