このブログを検索

2012年9月7日金曜日

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)/江戸川 乱歩

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)/江戸川 乱歩

ー二銭銅貨ー
乱歩のデビュー作です。暗号を扱った探偵小説です。 久々読みましたけど、なんか全然色あせないですね。乱歩のお得のどんでん返しもちゃんとあるし、 短篇ですけど、十分楽しめます。

ー二癈人ー
夢遊病を題材にした話です。探偵小説というよりも純文学のようです。

ーD坂の殺人事件ー
明智小五郎はでてくるし、 密室だし、 短篇だけど、ちゃんとどんでん返しもあるし、 乱歩ファンには、たまらないですね。

ー心理試験ー
なかなか凝った内容の探偵小説です。 屏風に関しての記述が最初に出てくるから、これが後々なんらかの要因になるんだろうなっておもってたら 後半、やっぱり出てきて、 さすが乱歩っていう感じで。うまいなっておもいます。

ー赤い部屋ー
一風変わった殺人劇というところ。 割と軽妙なタッチで、淡々とかかれていて、 最後は、なんとなくほっとできてしまう、そんな感じかな。

ー屋根裏の散歩者ー
猟奇的な殺人の話です。 とは、いっても、 誰しもが持っているであろう欲望から行われる殺人で、 その行為よりも、 それが発覚するところが、 この小説の醍醐味だと思います。

ー人間椅子ー
奇っ怪な話ということになるんだろうけど、 案外、ありそうかもって思わせるところがすごいな。 最後の落ちみたいなのは、なくてもいいかも。

ー鏡地獄ー
鏡に取り付かれてしまった男の話です。 猟奇的な 小説ということなんでしょうが、 あまり、恐怖は感じません。 それよりも、男が最後に見た世界がきになる、 そんな小説です。

ー芋虫ー
戦争のために障害を負った夫とそれを支える妻の話で、探偵小説ではありません。 かなり、グロテスクで、こういうの苦手なんですが、 でも、ついつい読んでしまいます。 考えさせられる部分もおおいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー