このブログを検索

2012年9月7日金曜日

聖アウスラ修道院の惨劇 (講談社文庫)/二階堂 黎人


聖アウスラ修道院の惨劇 (講談社文庫)/二階堂 黎人


密室や猟奇、見立てや暗号まで、これでもかっていうくらいに、詰め込まれています。 しかも、後半部分で、「おいおい、そりゃないよ」って、思わず言ってしまうような場面があります。 最後には、その意味もわかるんですけどね。 ただ、いかんせん、長い。 もう少し、シンプルにできたのでは?とおもいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー