このブログを検索

2012年9月9日日曜日

レギュレイターズ〈上〉 (新潮文庫)/リチャード バックマン

レギュレイターズ〈上〉 (新潮文庫)/リチャード バックマン


最初は、どうなっているのかがわかりにくくてつらかった。 とにかく登場人物が多いし次々に殺されて行くし、どうなっているんだ。 いったい誰にこの人たちは殺されてるんだ。 と、ついつい先を読みたくなってまんまと作者の術中にはまったのかもしれない。 途中で、なるほどそういうことかわかるんだけど、結末が、多少あいまいかな。この作家はもういないから、続編も読めないのが、ちょっと残念です。ちなみに、「クッキー」「ケーキ」と言う表現は新鮮でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー