このブログを検索

2012年9月5日水曜日

黄昏の囁き (講談社文庫)/綾辻 行人

黄昏の囁き (講談社文庫)/綾辻 行人

上質のサスペンスです。過去の忘れされていた記憶と現実の事件が結びついていくのはワクワクしながら読めます。ちゃんと、わかりやすいどんでん返しもあったりで充分楽しめます。でも、意外な犯人というか、動機が意外です。この点はいただけません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers

フォロワー